【GIMPの使い方】作成画像の結合をする

GIMPの使い方

さて今日の授業は少し技術的な事をやっていきましょう。

作成画像を結合してみます。

初めての人は理解が中々出来ないかもしれませんが、

何度も読んで理解する様にしましょう。

 

繰り返す事が何もかも大事です。

一度では覚えられません。

わからなくなったら、始めから読んでいきましょう。

 

レイヤーを理解する

レイヤーとは画像を重ねて使うことができる機能です。

以下の画像で赤枠で囲んである場所を見てください。

 

見た目は木目と「GIMP」の文字がくっついているように見えますが、

実際は1枚目と2枚目で重なっている状態です。

結合方法

この場合、1枚目の「GIMP」の文字と2枚目の「背景」が別になっているので、

1枚に結合させないといけません。

 

レイヤーを結合させる

可視状態になっているレイヤーを右クリックします。

右クリックすると「下のレイヤーと結合」と出てきますので、

クリックしてください。

スクリーンショット 2014-09-11 0.54.32

 

結合しました。

下の画像の赤枠を見ると、レイヤーが2枚だったのが

1枚に統合されました。

これで、1セットになりました。

スクリーンショット 2014-09-11 0.58.53

まとめ

今回は技術的な授業だったけど、理解できましたか?

もし理解が出来なかったら、何度も読み返して、作業をしてみてください。

 

レイヤーは基礎中の基礎ですので、ここがわからないとこの先、

理解できない事が多くなってしまいますので、

必ず理解して次の授業を迎えましょう!

 

もしわからないことがあったら学長まで連絡ください。

それでは今日の授業はここまで!

GIMPの使い方

ABOUTこの記事をかいた人

1979年生まれ群馬県在住のグラフィックデザイナー兼ウェブデザイナー。 2014年からデザイン情報発信サイト『デザガク』を開設。 主にクチコミとウェブからの集客で受注し、一切営業しないスタイルを貫いている。 制作実績では3,000万円以上稼ぐアフィリエイターのLP、数千万の売り上げを達成した教材LP、さらに、メジャー格闘技団体「RIZIN」のスポンサーポスターや、ブランディングデザインにおいても好評を得ている。 公益社団法人日本グラフィックデザイナー協会(JAGDA)正会員。