【GIMPの使い方】ロゴの作成方法を学ぶ

GIMPの使い方

どーも学長です。

今日の授業は・・・

 

 

【GIMPの使い方】ロゴの作成方法

 

 

GIMPではスクリプトを使うことによって、簡単にロゴを作ることができます。

すごく便利な機能なので、ぜひ使ってください。

 

GIMPのロゴ効果を使ってみよう!

GIMPではロゴを簡単に作ることが可能です。

もし自分でサイトやブログを構築しているのであれば、

ロゴを入れることによって、他のサイトとの差別化ができるので、

ぜひ製作してみましょう!

 

 

サイズを決める

『ファイル→新しい画像』でサイズを決めます。

今回は600×400で設定してみました。

スクリーンショット 2014-11-19 19.03.49

 

ロゴにしたい文字を打つ

ロゴにしたい文字を打ちます。

今回は「DEZAGAKU」でロゴを作ってみます。

スクリーンショット 2014-11-19 19.07.23

 

ロゴ効果を使ってみる

『フィルター→ロゴ効果』から自分の好みのロゴ効果を選びましょう。

色々な種類がありますので、サイトにあったロゴを作りましょう。

スクリーンショット 2014-11-19 19.03.09

 

3Dアウトライン

01

 

かじり取り

02

 

エイリアンネオン

03

 

エイリアン発光

04

 

クローム

05

 

グラデーションベベル

06

 

コミック本

07

 

チョーク

12

 

テクスチャ

08

 

ネオン

09

 

ブレンド

12

 

光沢

13

 

冷たい金属

 

基本Ⅰ

15

 

基本Ⅱ

16

 

牛模様

17

 

白熱の輝き

18

 

粒子の軌跡

19

 

20

 

 

まとめ

GIMPは無料ツールなのですが、とても優秀なツールです。

よくよくは、IllustratorやPhotoshopを購入してスキルアップをした方が良いですが、

今の段階ではGIMPで十分だと思います。

サイトの差別化は重要ですので、必ずロゴは作りましょう!

 

 

それでは今日の授業はここまで。

不明な点は学長までお願いします。

GIMPの使い方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1979年生まれ群馬県在住のグラフィックデザイナー兼ウェブデザイナー。 2014年からデザイン情報発信サイト『デザガク』を開設。 主にクチコミとウェブからの集客で受注し、一切営業しないスタイルを貫いている。 制作実績では3,000万円以上稼ぐアフィリエイターのLP、数千万の売り上げを達成した教材LP、さらに、メジャー格闘技団体「RIZIN」のスポンサーポスターや、ブランディングデザインにおいても好評を得ている。 公益社団法人日本グラフィックデザイナー協会(JAGDA)正会員。