【WEBデザインを独学で学ぶ】フォントの意味を学ぶ

どーも!学長です。

今日の授業は・・・

 

 

【WEBデザインを独学で学ぶ】

フォントの意味を学ぶ

 

 

先日、フォントの授業をしました。

結構反響があり、何通かメールをいただいて

「もう少しフォントのことを詳しく教えて欲しい!」

との依頼がありました。

 

 

今回フォントをもう少し掘り下げてみて、

ゴシック体や明朝体を選ぶ意味について説明していきます。

 

 

このことをちゃんと理解していないと、

この前の警察署の看板の様になってしまうので気をつけましょう!

 

それでは授業を始めます。

 

デザインをイメージで使い分ける!

デザインする際は、そのデザインをどうゆう方向性にしたいか

ある程度考えることが必要です。

 

例えば・・・

  • ターゲットの性別は?
  • 年齢層は?
  • 雰囲気は?(堅い・楽しい・力強い・明るい・高級感・やさしいなど)

それに合わせて、ゴッシク体にするか明朝体にするか、

その以外の書体にするか、組み合わせるか考えます。

 

 

これは私がイメージしているゴシック体と明朝体のイメージです。

 

明朝体

gengo

【イメージ】

女性的、真面目、伝統的、エレガンス、高級感、

信頼、信用、落ち着きがある、穏やか、繊細、感情系 

 

明朝体の簡単な使い分けとして・・・

  • 女性がターゲット
  • 契約書など信頼や信用性を重視される書類など
  • 高級感なデザインにしたい
  • 縦書き
  • 読み物(雑誌や本の場合)

ゴシック体

gengo02

【イメージ】

男性的、ビジネス系、カジュアル、ポップ、

ダイナミック、力強い、情報系、理性的、機能的

 

ゴシック体の簡単な使い分けとして・・・

  • 男性がターゲット
  • ビジネス的な内容
  • データや情報系の内容(通販カタログなど)
  • 軽く読んでほしい
  • 全体的に文字が小さい場合(ゴシック体は多少小さくても読みやすい)
  • 横書き

 

 

以上が私の明朝体とゴシック体のイメージです。

はっきり言ってしまうと、

ゴシック体と明朝体だけでサイトは作れます!

 

 

もちろんデザイン性の高いサイトだと、他のフォントを使う場合もありますが、

アフィリエイトサイトならこの2つで十分差別化できるサイトができます!

 

 

自分のサイトのフォントをどれにしたらいいか迷う場合は、

私に一度連絡をください^ ^

今なら無料でアドバイスします!!

 

 お問い合わせはコチラ!

 

 

さて今日の授業はここまで!
不明な点は学長まで連絡ください。

ABOUTこの記事をかいた人

1979年生まれ群馬県在住のグラフィックデザイナー兼ウェブデザイナー。 2014年からデザイン情報発信サイト『デザガク』を開設。 主にクチコミとウェブからの集客で受注し、一切営業しないスタイルを貫いている。 制作実績では3,000万円以上稼ぐアフィリエイターのLP、数千万の売り上げを達成した教材LP、さらに、メジャー格闘技団体「RIZIN」のスポンサーポスターや、ブランディングデザインにおいても好評を得ている。 公益社団法人日本グラフィックデザイナー協会(JAGDA)正会員。