3分でできる!Photoshopでポラロイド風に加工する!

どーも!学長です!
今日はPhotoshopの授業をしたいと思います。

 

3分でできる!Photoshopでポラロイド風に加工する!

 

クライアントさんから『この写真を使って欲しい』と言われることって、
多々あります。

 

しかし、
いざ写真を確認してみると動きもなければ面白さもない写真を渡されることがあります。

 

さてこのような時あなたはどうしますか?
そのまま使いますか?それとも面白く加工して使いますか?

 

もちろん作るデザインの内容にもよりますが、
デザイナーを名乗るのであれば後者を選んで欲しいですよね。

 

さて今日は普通の写真を加工することによって、
面白みのあるポラロイド風の写真に加工しようと思います。

 

それでは授業を始めます。

 

普通の写真からポラロイド風に大変身!

さてここからは順を追って説明していきますので、
画像を見ながら進んで行きましょう。
元写真の色味によって雰囲気が変わりますので、
微調整はしていってください。

 

1.ピントの浅いゆるい写真に加工する

まずは元画像を用意します。
これだけでもかわいい写真ですが、
あえて今回はポラロイド風に加工したいと思います。

 

 

まずは『背景レイヤー』の箇所を右クリックして、
『背景からレイヤーへ』をクリックし、レイヤー化する。

03

背景からレイヤーになった『レイヤー0』を複製します。
複製した『レイヤー0のコピー』は一旦非表示にします。

05

『レイヤー0』にぼかしをかけます。
『フィルター』→『ぼかし』→『ぼかし(ガウス)』→『半径:1px』

04

続いて『イメージ』→『色調補正』→『トーンカーブ』で、
全体の中間色とブルーの色を上げます。

06 07

『レイヤー0コピー』を表示させます。
レイヤーのパネルで『描画モード:ソフトライト』『不透明度:50%』に設定して、
第一段階終了です。

08

2.浅く淡い色合いに設定する!

レイヤーの設定などが終わったら、
今度は実際に手で写真を加工していきます。
もちろん難しくはないのでゆっくり進んでいきましょう!

 

『レイヤー』メニューから『塗りつぶしまたは調整レイヤーを新規作成』→『べた塗り』
写真を白く塗りつぶし、『塗り:40%』にします。

09

レイヤーパネルから『新規レイヤー作成』を選び、
『ブラシツール』を選択し『直径:600px』『ソフト円ブラシ』『描画色:白』で選択します。

10

選択しましたら写真の四隅を塗っていきます。
このときレイヤーパネルで『不透明度:50%』にします。

手で作業する写真の加工はこれで終わりです。

 

3.最後の仕上げをする!

ポラロロイド写真の色味は、
黄色っぽくぼんやりしているイメージですよね?
レイヤーパネルの
『塗りつぶしまたは調整レイヤーを新規作成』→『べた塗り』でオレンジ『R255 G168 B0』で塗りつぶし、
レイヤーパネルから『描画モード:オーバーレイ』『塗り:20%』にします。

 

続いて『べた塗り2』を複製し、
こちらは黄色『R255 G255 B0』に変更し、
『塗り:20%』に設定します。

13これで完成です。
最初にも書きましたが元の写真の色味で数値が変わってきますので、
微調整してください。

 

まとめ

デザインの仕事で自分で選んだ画像を使うこともありますが、
クライアントさんから画像を渡される時ももちろんあります。

 

その時、クライアントさんからもらった画像がどんなものでも、
良い商品を提案するのもデザイナーの役目です。
ただ言われたことしかしないのは決してデザイナーとは言えません。

 

これからデザイナーを目指す人や、
デザインの勉強をしていきたい人はこのことを肝に銘じてください^^

 

さて今日の授業はここまでです。

何か不明な点がありましたら下記からお問い合わせください。

デザインの事はもちろん、アフィリエイトの相談、その他ネットビジネスの相談、

恋愛の相談(笑)なんでもOKですのでお気軽にどうぞ!

バナーデザインやヘッダーデザインなど添削は無料で行っています!

>>お問い合わせ

blogranking

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1979年生まれ群馬県在住のグラフィックデザイナー兼ウェブデザイナー。 2014年からデザイン情報発信サイト『デザガク』を開設。 主にクチコミとウェブからの集客で受注し、一切営業しないスタイルを貫いている。 制作実績では3,000万円以上稼ぐアフィリエイターのLP、数千万の売り上げを達成した教材LP、さらに、メジャー格闘技団体「RIZIN」のスポンサーポスターや、ブランディングデザインにおいても好評を得ている。 公益社団法人日本グラフィックデザイナー協会(JAGDA)正会員。