youtube ホラー系チャンネルアートのご依頼がありました。

どーも!
デザガク学園長の若旅です。
本日は制作実績の報告です。

 

youtube ホラー系チャンネルアートの
ご依頼がありました。

 

真夏といえばホラー番組やホラー映画の季節ですよね。
私はホラー系が全く苦手です。(笑)

 

妻と初デートは某遊園地でした。
その時妻は

「お化け屋敷に入りたい!」

と散々言っていたのですが、

「それより絶叫系の方がいい!」(本当はそれも苦手なのですが・・・w)

と頑なに言っていたのを今も覚えています(笑)

 

やはりこの時期になると、
ホラー系のデザイン依頼もかなり入ってきます。

 

真夜中に一人でシゴトするのはすごく嫌なので、
必ず昼まで終わらせます(笑)

 

さて今回のご依頼は、
YOUTUBEチャンネルアート、
オープニング動画、エンディング動画、
サムネイルとデザイン一式ですね。

 

さてどんなデザインになったのか?
授業を始めます。

 

その名も「うしみつ部屋」

クライアントさんから、
YOUTUBEチャンネルの名前を伺った時、
すぐに閃きましたね。

 

私のイメージとしては、
「薄気味悪い部屋の中で幽霊が立ち、
それを覗いている人がいる」

 

真っ先に思いついたイメージでした。

channelart

この女性、やばいくらいに恐ろしくないですか??
実際にこんな女性が中にいて、
目があったらヤバイですよね・・・笑

 

ただ怖いようなチャンネルアートを作るのは簡単です。
怖そうな画像を並べれば怖くなりますが、
私は「うしみつ部屋」と名前を聞いて、

 

「怖さ+不気味さ」

 

を演出したかったのです。
それはチャンネルアートだけではなく、
サムネイル、オープニング、エンディング動画全てそんな感じに仕上げました。
クリックした人が、
ワクワク、ゾクゾクするようなデザインを心がけました。

 

 

まとめ

このホラーチャンネル、
デザインだけではなくて中身もかなり凝っています。

 

プロのナレーションが朗読しているので、
怖さが倍増しています(笑)

 

こんな方にオススメします!

 

・クーラをつけてても暑い方、
・夜中に刺激が欲しい方、
・暑くて寝付けない方・・・これは余計寝られなくなりますね(笑)

 

ぜひこのチャンネルを見て涼しんでください。

 

うしみつ部屋

 

私はホラー系のデザインだけではなく、
多くのYOUTUBEチャンネルアートを作っています。
デザインが違うだけで、
他のYOUTUBERと差別化ができるのでぜひ相談ください。
きっとあなたの満足のいくデザインに仕上げてみます!

 

今日の授業はここまで!
それではまた!

ABOUTこの記事をかいた人

1979年生まれ群馬県在住のグラフィックデザイナー兼ウェブデザイナー。 2014年からデザイン情報発信サイト『デザガク』を開設。 主にクチコミとウェブからの集客で受注し、一切営業しないスタイルを貫いている。 制作実績では3,000万円以上稼ぐアフィリエイターのLP、数千万の売り上げを達成した教材LP、さらに、メジャー格闘技団体「RIZIN」のスポンサーポスターや、ブランディングデザインにおいても好評を得ている。 公益社団法人日本グラフィックデザイナー協会(JAGDA)正会員。