選り好みしない・時間を守る

どーも。学長です。

今日も先日に引き続き、ビジネスマインドについてお話します。

 

デザインの仕事を希望している方って、意外とマインドの部分は無視しがちです。

テクニックももちろん重要ですが、デザインマインドをインプットする事によって、

職場の人にアウトプットすれば、共に成長出来ます。

 

どんどんインプットしてアウトプットしていきましょう。

 

選り好みしない!

デザイナーやっていると、偶然か必然なのかわかりませんが、

突如チャンスがやってくる事があります。

このチャンスにどう向き合っていくか?

 

もちろんデザイナーとして

 

「ノーサンキュー(いらない)」

 

の答えからは何も生まれる事ができません。

日々さまざまな価値観に触れて、選り好みせずに何でも味わえる様な

余裕を持てるといいですね。

 

デザイナーは職業と言うより、生き方に近い部分がありますね。

そのチャンスに対して挑戦し、失敗したとしても自分自身の勉強もでき、

全てが大きなデザインフェーズと考えれば良いのです。

 

デザイナーとして人生をデザインしていくつもりで行きましょう!

 

時間を間に合わせる!

Manager running from a rain of stones

デザイナーは限られた時間の中で成果を残さなくてはいけません。

いくら良い物をデザインしたとしても、時間に間に合わなかったら意味が無いです。

つまり零点ですね。

私が前にいた部署でも、

 

「もう少し時間があれば・・・」

 

と良く言うスタッフがいましたが、過信してはいけません。

時間にだらしないデザイナーは、

良い作品が出来る訳ないからです。

つまり時間の明確さはデザインに表れます。

 

時間を守れないデザイナーに比較的多いのは、

最初のコンセプトを思い描けていない人が多いですね。

何もイメージを考えず、パソコンでツールを触っていても時間が掛かるだけですね。

 

どのような作品を作っていくか、最初にイメージを作り、

その後パソコンで作っていく方が時間をうまく使えます。

 

デザインの納期の時間を守るだけではなく、

普段、プライベートでも時間を守る様にしましょう。

 

まとめ

デザイナーとは作品を作る事だけではないのです。

人生をデザインしていくのです。

その事を常に頭に入れて行動していけば、デザインに対してもっと深く考える事が

できるようになります。

 

失敗しても良いのです。それがあなたの力になり、修復する事によって、

あなたの人生をデザインする事が出来るのですから。

 

今日の授業はここまで。

不明な点は学長まで連絡ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1979年生まれ群馬県在住のグラフィックデザイナー兼ウェブデザイナー。 2014年からデザイン情報発信サイト『デザガク』を開設。 主にクチコミとウェブからの集客で受注し、一切営業しないスタイルを貫いている。 制作実績では3,000万円以上稼ぐアフィリエイターのLP、数千万の売り上げを達成した教材LP、さらに、メジャー格闘技団体「RIZIN」のスポンサーポスターや、ブランディングデザインにおいても好評を得ている。 公益社団法人日本グラフィックデザイナー協会(JAGDA)正会員。