【デザインマインド】どんどん聞く・ご機嫌に振る舞う

どーも、学長です。

 

デザインマインド実行していますか?

ここまで読んでいただいている方なら、必ず実行できているかと思います。

今回も勉強する内容も非常に大事な内容ですので、インプットしたら必ずアウトプットする

癖を付けていきましょう!

 

どんどん聞きまくれ!

106233_9376

デザイナーとしてやっていくには色々と知識が必要となります。

知識を詰めて、クライアントにアウトプットしていく事も必要ですね。

 

新人デザイナーはもちろん知識がありません。

右も左もわかならくなったら、先輩やビジネスパートナー、現場の職人さんに聞きましょう。

 

色の事や、紙の事など新人デザイナーは覚えることがたくさんあります。

「若い頃の恥は恥でない」という言葉がありますが、実際なかなか聞けない新人デザイナーは

多いです。

 

すぐに質問できる人も「才能」なんですよね。

そして、時間かけて知識を詰めていけば、あなたの資産になります。

 

新人デザイナーはまずわからないことがあったらすぐに聞く!

その事を意識していきましょう。

 

ご機嫌に振る舞う!

107922_3896

優秀な表現者で、不機嫌な顔してる人っていないんですよね。

デザインの事を熟知している表現者って、真のコミュニケーターでもあります。

 

クライアントにご機嫌に振舞い、仕事を進めていくこともデザイナーとしての役目です。

お互い不機嫌な顔して仕事をしていても、いいアイディアが浮かぶ訳ないことはもちろん、

仕事が楽しくないですね。

 

不機嫌な振舞いしかできないデザイナーは、自分に自信がない人かもしれません。

最初は難しいことかもしれませんが、意識をしていけば必ずできるようになります。

 

また、ご機嫌に振る舞うことによって自分に余裕が出てきますので、

そこからいいアイディアが浮かぶかもしれませんね。

 

まとめ

「聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥」と言葉を母親から言われて、

私はわかならない事があったらどんどん聞くようにしています。

 

どんどんインプットしていけば必ず自分の力になっていきます。

しかし、ここで勘違いして欲しくないのは、わからないことがあったら、

まず自分で調べることも大事です。

 

調べないで聞くことは、頭にインプットされにくいです。

自分で最初に調べる癖をつけましょう!!

 

さて今日はここまで。

不明な点は学長まで連絡ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1979年生まれ群馬県在住のグラフィックデザイナー兼ウェブデザイナー。 2014年からデザイン情報発信サイト『デザガク』を開設。 主にクチコミとウェブからの集客で受注し、一切営業しないスタイルを貫いている。 制作実績では3,000万円以上稼ぐアフィリエイターのLP、数千万の売り上げを達成した教材LP、さらに、メジャー格闘技団体「RIZIN」のスポンサーポスターや、ブランディングデザインにおいても好評を得ている。 公益社団法人日本グラフィックデザイナー協会(JAGDA)正会員。