WEBデザイン

【WEBデザインを独学で学ぶ】WEBページのレイアウトサイズを考えていますか?

どーも。学長です。

 

 

【WEBデザインを独学で学ぶ】

WEBページのレイアウトサイズを考えていますか?

をお送ります。

 

今回は、Webページのレイアウトサイズについて学びたいと思います。

レイアウトサイズは、これからWebページを作っていく中で、

知識として必ず頭に入れてください。

 

Webページのレイアウトサイズを学ぼう!

app_13

どのような物にも必ずレイアウトは存在します。

レイアウトデザインの制作の際はレイアウト面の

サイズを考えなければいけません。

 

 

例えば、私は印刷会社出身ですのでA4(210mm×297mm)チラシを作るときと、

A3(297mm×420mm)チラシを作るのでは、全くレイアウトデザインが変わってきます。

単純に文字数や、文字の大きさを考えなければなりませんね。

 

 

さてWebページのサイズはどうなのでしょうか?

 

Webページのレイアウト面は?

結構勘違いされやすいのが、Webページは画面をスクロールできるので、

サイズが存在しないと勘違いしている人が多い様です。

確かに、意図的に大きなWebページを作る場合もありますし、

情報が多くなり、縦に長いWebページになることもあります。

 

 

しかし、基本的なサイズって決まっているんですよね。

ずばりWebデザインにおけるレイアウト面のサイズは

「ディスプレイの解像度」なんです。

 

 

ユーザーは何らかのディスプレイを利用してWebページを閲覧しているので、

それらの解像度に適合するようにWebページをデザインすることが求められています。

 

 

ディスプレイの解像度は画素数(ピクセル)で表記されています。

現在、一般的に使用されている解像度は以下の5つです。

size

 

XGAを基本にレイアウトを考える

今現在、もっとも普及している解像度はXGA(1024×768ピクセル)です。

そのため、一般的に広く利用されていると考えても良いので、

Webサイトを制作する時はXGAを基準にレイアウトをしていきましょう。

 

 

ここで注意が必要なのですが、ブラウザにはメニュー各種やステータスバーなど

固定要素があります。

side

上記ではグレーの部分になります。

ブラウザメニュー各種や、ステータスバーがありますので、

実際のレイアウト面は解像度より小さくなるので注意が必要です。

 

 

具体的にはXGAの場合は984×588ピクセル程度をレイアウト面と

考えるのが妥当だと思います。

これからサイトページを作っていく場合は、上記のことを頭に入れて、

制作していきましょう。

 

 

さて今日の授業はここまで。

不明な点は学長まで連絡ください。



お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

ピックアップ記事

  1. 学園長から挨拶

関連記事

  1. WEBデザイン

    【WEBデザインを独学で学ぶ】対比の原則を学ぼう!

    どーも。学長です。今回もレイアウトデザインについて授業をします…

  2. WEBデザイン

    【WEBデザインを独学で学ぶ】整列の原則を学ぼう!

    どーも。学長です。先日に続いて、今日もレイアウトの基礎を話した…

  3. WEBデザイン

    プロ級のかっこいいロゴマークを1分で作れるサイト!

    どーも!学長です!今日はロゴマークを作れるサイトついて説明しま…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

ラジオはじめました!

クライアント様サイト

  1. 起業の心得

    自分の意識が変われば行動も変わる!
  2. RADIO

    【RGBラジオ第4回】運が舞い込む、とっておきのマインドコントロールとは?
  3. ネットビジネス

    アフィリエイトってなんなの?
  4. RADIO

    【RGBラジオ第8回】年末ジャンボなどの宝くじや年末年始の過ごし方について
  5. 起業の心得

    選り好みしない・時間を守る
PAGE TOP