【WEBデザインを独学で学ぶ】WEBページのレイアウトサイズを考えていますか?

どーも。学長です。

 

 

【WEBデザインを独学で学ぶ】

WEBページのレイアウトサイズを考えていますか?

をお送ります。

 

今回は、Webページのレイアウトサイズについて学びたいと思います。

レイアウトサイズは、これからWebページを作っていく中で、

知識として必ず頭に入れてください。

 

Webページのレイアウトサイズを学ぼう!

app_13

どのような物にも必ずレイアウトは存在します。

レイアウトデザインの制作の際はレイアウト面の

サイズを考えなければいけません。

 

 

例えば、私は印刷会社出身ですのでA4(210mm×297mm)チラシを作るときと、

A3(297mm×420mm)チラシを作るのでは、全くレイアウトデザインが変わってきます。

単純に文字数や、文字の大きさを考えなければなりませんね。

 

 

さてWebページのサイズはどうなのでしょうか?

 

Webページのレイアウト面は?

結構勘違いされやすいのが、Webページは画面をスクロールできるので、

サイズが存在しないと勘違いしている人が多い様です。

確かに、意図的に大きなWebページを作る場合もありますし、

情報が多くなり、縦に長いWebページになることもあります。

 

 

しかし、基本的なサイズって決まっているんですよね。

ずばりWebデザインにおけるレイアウト面のサイズは

「ディスプレイの解像度」なんです。

 

 

ユーザーは何らかのディスプレイを利用してWebページを閲覧しているので、

それらの解像度に適合するようにWebページをデザインすることが求められています。

 

 

ディスプレイの解像度は画素数(ピクセル)で表記されています。

現在、一般的に使用されている解像度は以下の5つです。

size

 

XGAを基本にレイアウトを考える

今現在、もっとも普及している解像度はXGA(1024×768ピクセル)です。

そのため、一般的に広く利用されていると考えても良いので、

Webサイトを制作する時はXGAを基準にレイアウトをしていきましょう。

 

 

ここで注意が必要なのですが、ブラウザにはメニュー各種やステータスバーなど

固定要素があります。

side

上記ではグレーの部分になります。

ブラウザメニュー各種や、ステータスバーがありますので、

実際のレイアウト面は解像度より小さくなるので注意が必要です。

 

 

具体的にはXGAの場合は984×588ピクセル程度をレイアウト面と

考えるのが妥当だと思います。

これからサイトページを作っていく場合は、上記のことを頭に入れて、

制作していきましょう。

 

 

さて今日の授業はここまで。

不明な点は学長まで連絡ください。



お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

SNSでデザガクと繋がろう

ラジオはじめました!

デザインのWAKA、YOUTUBERのこあら、投資のろっく。ビジネスのジャンルが全く違う3人が、ゆるーくビジネスについて語ります。

クライアント様サイト

zaki

せどり・輸入・物販を始めたいならこのサイト!ザキさんがあなたを稼がせます!

ページ上部へ戻る