デザイナー はアーティストではない?

こんにちは。
デザガク学園長の若旅です^^

 

よくこんな質問をデザマガ読者から受けます。

 

「絵が描けないのですがデザイナーになれますか?」

 

という質問です。

 

結論から言うと。。。

 

「なれます!」

 

だってデザイナーは絵を描くのが仕事ではなくて、
他人が抱えている問題をデザインで解決するのが役目なので^^

 

もちろん絵を描けた方が、
デザインのバランスや感覚などが優っているので、
初めのスタートは描けない人よりいいと思います。が、
そんなもの経験を積んでいけばどうにでもなります。

 

ここでQustion Time!!

 

みなさんは「アーティスト」と「デザイナー」の違いはわかりますか?

 

今日は

「デザイナー はアーティストではない?」

について授業を始めたいと思います。

 

それでは授業を始めます!

デザイナーとアーティストの違いって?

まず「アーティスト」と言えば、
一般的にミュージシャンや画家などが思い浮かぶかと思います。

 

逆に「デザイナー」と言えば、
グラフィックデザイナーやウェブデザイナー、
ファッションデザイナー、プロダクトデザイナーなど様々です。

 

同じデザイナーですが、
上記のように商品を納品するのではなく、
アーバンデザイナー(都市計画業務)や、
ライフデザイナー(保険会社)などもありますね。

 

一体「アーティスト」と「デザイナー」の違いってはなんでしょうか?

 

私が思うアーティストとは。。。

 

ミュージシャンや画家で例えると、
自らの思いや訴えを音や歌詞、
また絵で表現をし自分の意思を発信しているのがアーティストです。

そして、

「デザイナー」とは。。。

「デザイン」は元々「設計」という意味です。
デザイナーのシゴトはクライアントさんの問題を解決することであり、
バラバラのパズルのピースをキレイに設計しては完成させる役目でもあります。

 

例えば。。。。

 

新しく信号機のデザインをするとしましょう。

 

ここで考えなくてはいけないのは、
ただ単に信号機をカッコよく奇抜なデザインにすれば良いわけじゃなく、
デザイナーとしての役目は、
小さなお子さんでもマークを選別できるようにわかりやすいアイコンにして、
視力が弱い人でもマークを選別できるようにデザインしなくてはいけません。

 

依頼者の問題をヒアリング、
ディレクションを行いデザインで解決するのがデザイナーです。

 

要はアーティストは自己表現で
デザイナーは他人表現。

 

他人からのご依頼がきて希望通りに表現をすることで、
シゴトが成立するのです!

 

ただ単に「斬新なデザイン」「かっこいいデザイン」だけでは、
デザイナーとしての役目を果たしておりません。
それは自己満足にしか過ぎないデザインです。

 

まとめ

今日はアーティストとデザイナーの違いについてお話しさせていただきました。

 

意外とこの違いがわからない方が多いかと思います。
もちろんアーティスト志向のデザイナーも多数存在しますが、
基本的なデザイナーとアーティストの違いは上記に述べたとおりです。

 

もしあなたがデザイナーに興味があるけど、
絵が描けないので諦めているのであれば「経験」を積めば、
一人前のデザイナーになれると言うことを頭に入れておいてください^^

 

実際私も絵は得意じゃないです笑
学生時代も美術は中の下位でしたし(^◇^;)
今はデッサンに凄く興味があって勉強していますが、
絵が上手くなくても今はデザイナーとして起業できるほどになりました♪

 

アーティストとデザイナーの違いは理解できましたか?

 

デザイナーとは

『相手の問題を解決することで成り立つシゴト』

ぜひこのことを覚えていてください^^

 

もう9月に入ってこれから気温が低くなっていきます。
季節的には暑い方が好きですが、
マラソンをしている者にとって涼しい方がやはり走りやすいです^^

 

那覇マラソンに向けて、
ガンガンと走って行きます!

 

今日の授業はここまで!
それではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1979年生まれ群馬県在住のグラフィックデザイナー兼ウェブデザイナー。 2014年からデザイン情報発信サイト『デザガク』を開設。 主にクチコミとウェブからの集客で受注し、一切営業しないスタイルを貫いている。 制作実績では3,000万円以上稼ぐアフィリエイターのLP、数千万の売り上げを達成した教材LP、さらに、メジャー格闘技団体「RIZIN」のスポンサーポスターや、ブランディングデザインにおいても好評を得ている。 公益社団法人日本グラフィックデザイナー協会(JAGDA)正会員。