【コールフォース株式会社様】LP制作のご依頼がありました。

どーも!
デザガクの若旅です。

 

先日コールフォース株式会社さんからランディングページ(LP)のご依頼がございました。
(ちなみにホームページも自分が制作しました)

 

横浜を拠点としているベンチャー企業で、
コールセンターをベースとして色々通信事業など、
幅広い事業を展開しております。

 

今回のご依頼はコールフォースさんの事業部の1つである、
google事業部からのご依頼でした。

 

今日はこのランディングページについて解説していきます。
それでは授業を始めます!

訪れてわかったしっかりとした社員教育

コールフォースさんの本社には私は何度か打ち合わせの為に、
足を運ばせていただいております。

一言でいうと・・・

 

社員教育が行き届いている!!

 

私も色々な会社に打ち合わせで訪問していますが、
「いらっしゃいませ」「こんにちは」はもちろん基本中の基本です。

 

しかし、
企業によっては完全にマニュアル通りというか。。。
接しているという感覚が無いんですよね(^_^;)

 

「どんなのが接している感覚があるの?」

 

と言われたら答えづらいですが、
私も社会人として20年近く働いていて、
ここまで何百人の方々と接してきた感覚ですね笑

 

コールフォースさんは訪れた時、
なんというか非常に気分が良くなります!
こうゆうのは企業にとって物凄く大事な部分ですよね。

 

またみんな若い!!
平均年齢が20代ですね!!
なんとも羨ましい。。。

 

こんな若い世代の社員教育がしっかりしているのは、
社長の教育がしっかりしているからです。

 

私もこうゆう会社に勤めてみたかったですね!

 

話が逸れてしまいましたが、
今回のランディングページ制作の流れを解説していきます。

問い合わせ『0』のホームページ

ある日コールフォースの営業担当からEさんから直々にこんな相談がありました。
(画像はイメージです)

 

若旅
お世話になってます!どうされました?

 

Eさん
ちょっとご相談があるのですが。。。

 

若旅
はい!自分で力になれるならなんでも乗りますよ!!

 

Eさん
ありがとうございます!以前某制作会社でストリートビューのホームページを制作したのですが、全く問い合わせがないのです。。。

確かにこうゆう話はよく聞きます。
『ホームページを制作=売り上げが上がる』
とは限らないのでユーザーに刺さるようなホームページを制作しなくてはいけません。。

 

制作したホームページを拝見しましたが、
確かに作りはしっかり作ってあります。

 

しかし。。。

 

肝心の『ベネフィット』の部分がよくわからない状態で、
ユーザーにとってストリートビューの良さが伝わりにくいサイトでした。

ホームページやランディングページには、
『3秒ルール』という言葉があります。

 

訪れたユーザーがサイトを見て3秒で立ち去るか、
そのまま滞在してサイトの内容を読み漁るか。。。
たった3秒で全てが決まってしまうのです。

 

そうゆう意味でもファーストビュー(ユーザーが一番最初に見る画面)は、
非常に大事になってきます。

 

『わかりやすいデザイン』
『心に刺さるコピー』

 

この2つを併せ持っているサイトじゃないと、
中々成約まで結ぶことは難しいでしょう。。

 

若旅
サイト自体のベネフィットがわかりづらい部分がありますね。

 

Eさん
どうしたらいいでしょうか?

 

若旅
まずはストリートビューのベネフィットをファーストビューで訴えていいた方がいいですね!後日ヒアリングをしましょう。

 

Eさん
ありがとうございます!よろしくお願いします。

 

若旅
あとこちらはどの様な方法で、サイトまで呼び込んでいますか?

 

Eさん
SNSで呼び込んでいる位で、他はやってません。。

 

若旅
SNSもやりつつブログで集客もしていった方がいいですね。ユーザーが検索しそうなキーワードでブログを書いて集客させましょう!

 

Eさん
了解しました。よろしくお願いします!

 

とこんな感じで話が進みました。

 

危険!『ホームページ=集客できる』という考え

ウェブなどの情報が得意じゃない方に多いのが、
ホームページを作れば

 

『集客ができて、売り上げが上がる!』

 

という安易な考え方です。。

 

またウェブ業界などに疎そうな業種を狙って莫大な金額を取り、
ホームページを作ったら終わりという業者も存在しています。。

最近私が聞いた話では、
48回払い(2年契約)で月々50000円程詐取し、
ホームページが完成したら他は何もしないという制作会社の話も聞きました。

 

もちろん効果測定(月間PVや流入キーワード)もなしです。。。

 

ハッキリ言って悪徳業者ですよね笑

 

こうゆう制作会社を撲滅していくのも私の使命だと思っています!
ぜひランディングページ制作、集客で悩んだ際は気軽にお問い合わせください。

 

ファーストビューでユーザーを取り込む

話は逸れてしまいましたが、
今回コールフォースさんのLP制作にはビジネスパートナーである、
ささえみこと佐々木絵美さんにコピーライティングの依頼をしました。

 

ささえみさんのサイトはコチラ

 

ささえみさんのコピーライティングはユーザーの心理を突くだけではなく、
ユーザーにわかりやすい言葉、
伝わりやすい構成でコピーライティングを行ってくれます。

 

そんなささえみさんがコピーライティングを行い、
私がデザインを担当したランディングページはコチラになります。

https://c-force-streetviewer.com/lp/

まずはファーストビューで訪れたユーザーのベネフィット部分を明確にします。

ユーザーの心に刺さるベネフィット

プリヘッドの

『新規のお客様に“響く”宣伝方法をお探しの経営者の方へ』

でまず「どんな悩み・欲求がある人に対してなのか?」を打ち出します。

 

そして、プリヘッド部分を読ませてから、
キャッチコピーで相手の心を掴みます。

 

『あなたのサービスの「強み」をインターネット上で最大限に魅せ、
新規のお客様から選ばれる店に!』

 

ストリートビューを取り入れることで、
どのようなベネフィットがあるのかをユーザーに伝えます。

 

ただこれだけではストリートビューの業者が何十社ある中で、
他社との差別化できていません。

 

肝心なのは「コールフォースさんで撮影をしてもらうこと」なので、
他社との差別化したコピーをサブキャッチとして取り入れます。

 

『「料金が安い」だけで、撮影代理店を選ぼうとしていませんか?
Googleストリートビュー(屋内版)は、ただ撮るだけでは集客に効果はありません。
“そのお店の強み”を引き出すことを前提に撮ることで、初めてお客様に魅力が伝わり集客につなげることができます。 』

 

ストリートビューの魅力をキャッチコピーで伝え、
サブキャッチでコールフォースさんで撮影することのベネフィットを伝える。。。

 

こうすることで

ストリートビューをやらない』
『コールフォースさんで撮影をしない』

理由を無くしていきます。

人物をファーストビューに入れて注目度を増す!

今回、ファーストビューにはストリートビューの画面を持った女性を配置しております。

 

人間の心理ってって面白いもので、
人間は人間が写っているものには注目してしまう習性があります。

 

これはランディングページだけではなく、
広告の世界で100年以上前から言われていることです。

 

今回、ストリートビューのサービスをアピールする目的として、
ストリートビューの画面を持った女性を取り入れました。

 

もちろん売るサービスによって変わるので、
必ず入れなくてはいけない訳ではありません(^_^;)

 

また本来であればファーストビュー内にコンバージョンボタンを配置したいところですが、
今回はキャッチコピーのボリュームが多いので、
マウスでワンスクロールした際に入るところに配置しました。

 

ランディングページを設置した結果・・・

問い合わせ『0』だったストリートビューサービスが、
コールフォースさんの方でSNSとブログを使って、
ランディングページを設置した結果。。。

  • 皆さんご存知の大手化粧品会社からの依頼
  • 対応に追われるくらいの問い合わせ
  • 某歯科医院からウェブマーケティングのコンサル依頼

が来たそうです!!

1年以上問い合わせが『0』だったサービスがですよ!!笑

 

コールフォースの星野社長から直々にお礼のご連絡をいただきました!
ありがたや、ありがたや。。。

まとめ

何度も申し上げていますが、
ランディングページやウェブサイトで一番大事なのはファーストビューです。

 

ABテストなどを行うとわかりますが、
コンテンツももちろん重要ですがファーストビューはもっと大事です。

 

いくらカッコイイサイト、斬新なサイトでも、
ユーザーの心に刺さらないランディングページやウェブサイトでは全く意味がないのです。

 

「ホームページを作っても売り上げが上がらない」

「どこの制作会社に頼んでいいのかがわからない」

 

などございましたら、ぜひお気軽にお問い合わせくださいね。

問い合わせ

 

今日の授業は終わりです^^
それではまた!

ABOUTこの記事をかいた人

1979年生まれ群馬県在住のグラフィックデザイナー兼ウェブデザイナー。 2014年からデザイン情報発信サイト『デザガク』を開設。 主にクチコミとウェブからの集客で受注し、一切営業しないスタイルを貫いている。 制作実績では3,000万円以上稼ぐアフィリエイターのLP、数千万の売り上げを達成した教材LP、さらに、メジャー格闘技団体「RIZIN」のスポンサーポスターや、ブランディングデザインにおいても好評を得ている。 公益社団法人日本グラフィックデザイナー協会(JAGDA)正会員。